美容液の種類や役割

美容液は、主に化粧水を補完する役割を持っています。より、美肌を目的とした成分が多く含まれており、セラミドやヒアルロン酸などを配合しています。基礎化粧品の化粧水同様に手作り美容液も作ることが可能です。

美容液って

化粧水では物足りない部分や、美白や保湿などの目的に応じた集中ケアを行う基礎化粧品が【美容液】です。

高濃度の美容成分が配合されていることが多いため、化粧水に比べ美容液は少し高価なものが多くなっています。

しかし、充実した成分で、目的を達成する効果がより高く、美肌には欠かせない基礎化粧品となっています。

美容液の種類

元々、美容成分に特化している美容液は、目的別のものが多くなっています。目的にあった成分を高濃度に配合し、より効果を高めています。

大きく分けると次のような目的のものがあります。

保湿美容液

肌に潤いを与えてくれる成分を配合した美容液です。乾燥肌の方や、季節による肌の乾燥で悩んでいる方が保湿効果をより得るために使用します。保湿成分としては、ヒアルロン酸やアミノ酸、セラミドなどです。

合成界面活性剤は、保湿を損なう場合があり、注意が必要です。

美白美容液

肌を白くする、ピーリング効果成分などを配合した美容液です。しみなど予防改善や肌を白くするために使用します。美白成分としては、ビタミンCやアルブチン、プラセンタ、レチノールなどです。

美白成分は刺激が強い物もあり、敏感肌の方は注意が必要です。

しわとり美容液

肌にハリや潤いを出し、しわを減少する効果成分を配合した美容液です。加齢によるしわや、たるみなどを改善するために使用します。内容成分としては、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなどです。

深しわには美容液だけでなく、日々のスキンケアも実践しましょう。

他にもたくさんの目的別の美容液が販売されています。ご自分の肌質をよく理解し、不足している部分を補うような美容液を使用しましょう。

手作り美容液について

化粧水と同じく、最近では手作りで美容液を作る作る方もいらっしゃいます。精製水と目的の美容成分を混ぜ合わせる作り方が一般的です。

ビタミンC誘導体やヒアルロン酸、コラーゲン等のほかに、アロマ効果を出すためにホホバオイルなどの精油を配合する場合などもあります。

ただし、化粧水同様に、ご自分の肌質や肌の状態を把握した上で作られるほうがよいでしょう。

ウェブサイトでも作り方サイトなどもありますので参考にしてみてください。

当サイト『基礎化粧品の種類や役割』を利用する時の注意点

サイト内に記載している内容は全て、当サイトが保証するものではありません。最終的なご判断は自己責任でお願いいたします。また、当サイトに記載している内容により生じた、損害やトラブル等には一切の責任は負えませんのでご了承をお願いいたします。

Copyright (C) 2011 基礎化粧品の種類と役割 All Rights Reserved.