EGFの効果とは

基礎化粧品に配合される成分の中で、近年特に注目を集めているものがEGFです。
もともと人に存在する上皮成長因子ですが、加齢とともに減少するために化粧品に配合することでEGFを補って、正常なターンオーバーを促します。

EGFとは

EGF(Epidermal Growth Factor)とは、通常「上皮成長因子」と呼ばれますが、日本語では「上皮細胞増殖因子」や「上皮細胞成長因子」、「細胞再生因子」などと訳されることもあります。

発見当初は火傷を負った肌の再生を目的とし、EGFは皮膚再生医療の分野で使用されていたのです。

EGFの発見者は米国のスタンレー・コーエン博士であり、1986年にノーベル生理学・医学賞を受賞しています。

また、これを期にEGFはノーベル賞受賞成分として、医学分野だけでなく、美容分野においても高い注目を集めることになったのです。

EGFによる効果

EGFは表皮細胞の成長・再生に関わる物質であり、加齢と共に減少することが判明しています。

基礎化粧品成分としてEGFが肌に補われると、肌表面にある「EGF受容体」と結びつき、新しい細胞の生成を促進する効果を発揮します。
一般的には、ターンオーバーの促進・活性化ということになります。

米国の臨床試験では、60日間のEGF使用によって、表皮新生細胞の増殖(成長)が、平均284%促進された報告もあります。

肌の老化は、実はEGFの分泌量が減少していることが大きな要因と1つと考えられており、EGFは美肌成分としてだけではなく、アンチエイジング成分としても注目されています。

肌トラブルへの作用について

今では洗顔料、化粧水、美容液、乳液、保湿クリームと全ての基礎化粧品に配合される人気のEGFですが、肌トラブルへの効果について誤った情報もあるようです。

EGFは、ターンオーバーを促進させる素晴らしい成分ですが、シミやシワなどの肌トラブルに対して直接的な効果はありません。

ただ、ターンオーバーを正常に作用させることで、結果的にこれらの肌トラブルが改善されるだけのことなのです。

詳しくは下記のサイトをご参考下さい。

EGF
当サイト『基礎化粧品の種類や役割』を利用する時の注意点

サイト内に記載している内容は全て、当サイトが保証するものではありません。最終的なご判断は自己責任でお願いいたします。また、当サイトに記載している内容により生じた、損害やトラブル等には一切の責任は負えませんのでご了承をお願いいたします。

Copyright (C) 2011 基礎化粧品の種類と役割 All Rights Reserved.