毛穴の原因を解説

毛穴はもともとあるものであり、存在が悪い訳ではありません。しかし、何らかの原因によって大きく目立つようになってしまいます。ケアには黒ずみを取り引き締まる毛穴パックが人気ですが、多用するとより症状を悪化させる原因にもなりますので、注意が必要です。

毛穴って肌トラブル?

歳を取るとともに、毛穴が大きくなってきている…。
鏡を見る度に、毛穴の開きが気になる…。
毛穴はなぜ目立ってくるのでしょうか?

そもそも毛穴とは、肌表面を乾燥や刺激から守り、汗や皮脂と一緒に不要な老廃物を排出する大切な役割を担っています。

つまり、健全な肌には欠かせない存在なのです。

しかし、何らかの原因により、もともとある毛穴が大きく開いて見えてしまうのです。
毛穴の原因にも種類があり、症状によって対策法が異なりますので、下記の原因を参考に自分の毛穴の原因をしっかり学んでケアしましょう。

毛穴ができる原因とは

毛穴の原因は大きく3つに分かれます。

【@過剰な皮脂の分泌】
肌の水分不足などによって、肌の乾燥を防ぐ為に皮脂が過剰に分泌されて毛穴が開いて見えてしまします。

【Aたるみ】
ハリの衰えによって肌にたるみが発生すると、毛穴も同時に引っ張られて普段は小さな毛穴でも大きく見えてしまいます。

【B黒ずみ】
毛穴の中に角栓(皮脂と汚れの固まり)が詰まり、それが酸化して黒くなることで、毛穴を目立たせてしまいます。

毛穴の本来の役割とは

毛穴とは、医学の世界では「毛包(もうほう)」と呼ばれています。

毛穴には、まず毛を生やすという役割があります。
そして、その毛は防護材として肌を守ってくれています。

また、「汗腺」として汗や老廃物を排出したり、「皮脂腺」として皮脂を分泌して肌をコーテイングする役割もあります。

このように毛穴は本来なくてはならない存在なのです。

当サイトを利用する時の注意点について

サイト内に記載している内容は全て、当サイトが保証するものではありません。最終的なご判断は自己責任でお願いいたします。また、当サイトに記載している内容により生じた、損害やトラブル等には一切の責任は負えませんのでご了承をお願いいたします。

Copyright (C) 2011 シミ対策化粧品の選び方 All Rights Reserved.