毛穴の種類を解説

毛穴も他の肌トラブルと同様に症状によって種類が異なり、症状に合わせた対策が必要となります。毛穴はもともと存在するものですので、完全に無くすことはできませんが、基礎化粧品でのスキンケアによって目立たなくさせることは出来ますので、しっかり種類を学び自分の毛穴がどれに該当するのかを知る必要があります。

様々な毛穴の種類

毛穴は肌の状態維持に重要な存在ですが、大きくなると見栄えが悪くなり美肌の対敵となってしまいます。

基本的には、皮脂の過剰な分泌、たるみやしわ、黒ずみが原因となり、毛穴を大きく開いて見せてしまいます。

毛穴の種類にもいくつかあり、原因はもちろん、それぞれの形状、ケア方法も異なりますので、まずは自分のシミの現状を把握しましょう。

あぶら毛穴

皮脂が過剰に分泌し過ぎてしまい、肌表面全体がベタついている状態で、余分な皮脂が出口に栓をして毛穴を大きくが目立たせてしまいます。

脂分を除去する為の過剰な洗顔や油取り紙の使用は逆効果になってしまいます。
これは過剰は皮脂の分泌の原因が水分不足にあり、脂分を取り除くことで、さらなる分泌を促してしまうからです。

予防や対策の為には、保湿をしっかりと行なう必要があります。
肌に十分な水分を与えてみずみずしくなれば、過剰な皮脂の分泌は止まり、毛穴も元の状態に戻ります。
その為、基礎化粧品の予防や対策には、保湿成分を含んだのもが良いでしょう。

たるみ毛穴

加齢などによって、肌の土台であるコラーゲンが減少して、肌がたるむと同時に毛穴が縦に広がって大きく目立たせてしまいます。

普段は小さな毛穴でも、肌が下へ引っ張られることによって、大きく目立つ毛穴となってしまいます。
「昔は毛穴を気にすることが無かったのに」と思っている方は、たるみ毛穴の可能性が高いです。

予防や対策の為には、肌のハリを元に戻し維持する必要があります。
肌のハリが維持されれば、たるみの予防や対策とともに、それに起因する毛穴のケアにも繋がります。
その為、基礎化粧品の予防や対策には、ハリ成分を含んだのもが良いでしょう。

黒ずみ毛穴

角栓と呼ばれる皮脂と汚れの固まりが毛穴に詰まって押し広げている状態で、いつニキビになってもおかしくないニキビ予備軍です。

鼻によく見られる毛穴トラブルで、肌が白くキレイな女性ほど、この毛穴は大きな対敵となってしまいます。

予防や対策の為には、日々のスキンケアをしっかりと行い、ターンオーバーを活性化させる必要があります。
その為、基礎化粧品の予防や対策には、ターンオーバーを促進させる成分を含んだのもが良いでしょう。

当サイトを利用する時の注意点について

サイト内に記載している内容は全て、当サイトが保証するものではありません。最終的なご判断は自己責任でお願いいたします。また、当サイトに記載している内容により生じた、損害やトラブル等には一切の責任は負えませんのでご了承をお願いいたします。

Copyright (C) 2011 シミ対策化粧品の選び方 All Rights Reserved.