化粧水の種類や役割

基礎化粧品の基本である化粧水は、肌へ水分を与えることが主な役割です。にきびや男性用など用途に応じたものや、美白等の効果をプラスしたものなど種類は様々です。グリセリンから手作りで化粧水を作ることも可能です。

化粧水って

いまさら説明することもなうほど有名な基礎化粧品のひとつです。

肌は、常に水分が蒸発しています。その蒸発した水分を補給する役割を持っているのが【化粧水】です。

スキンケアには絶対に欠かせない基礎化粧品であり、美しい肌を手に入れるためには必須です。

化粧水の種類

分析技術や研究の成果により、いろいろな成分の化粧水が販売されていますが、大きく分ければ以下のような種類になります。

柔軟性化粧水

いわゆる一般的な化粧水です。肌に水分を与えて、潤いを維持し、柔らかくする役割を持っています。この化粧水をベースに様々な保湿成分や美白成分を配合したもが多く販売されています。

乳化剤も肌への刺激になる場合があるので注意して下さい。

収れん性化粧水

収斂(しゅうれん)剤を配合した化粧水です。肌や毛穴を引き締める役割で、オイリーな肌の改善に役立ちます。アルコールの配合が多く、酸性の物が多いので、肌への刺激には注意が必要です。

酸性の化粧水を多用することは肌へのダメージにもなりえます。

ふき取り化粧水

軽い化粧やクレンジングクリームの除去に使う化粧水です。柔軟化粧水や収斂性化粧水を使用している場合もあるので、どのような性質のものか確認してから使用してください。

どの目的で使用するかにより使い方も変わるので注意して下さい。

他にも、にきび用化粧水や男性用化粧水など、目的や肌質に合わせたものがありますので、自分にあったものを選ぶようにしてください。

手作り化粧水について

実は化粧水は、薬局などで売っている物から自分で作ることも可能です。一般的には、保湿効果のあるグリセリンを薬局で購入し、精製水などと混ぜ合わせ作ります。

他にも、ベタインで作るものや、日本酒やハチミツなどを使うものもあります。

アロマの香りなど自分で、自分の好みの化粧水を作れる上に、安上がりなので、作られる方もいらっしゃるようです。

ただし、ご自分の肌質やアレルギーなどは十分に把握した上で、作り方サイトなどを参考にするようにしましょう。

当サイト『基礎化粧品の種類や役割』を利用する時の注意点

サイト内に記載している内容は全て、当サイトが保証するものではありません。最終的なご判断は自己責任でお願いいたします。また、当サイトに記載している内容により生じた、損害やトラブル等には一切の責任は負えませんのでご了承をお願いいたします。

Copyright (C) 2011 基礎化粧品の種類と役割 All Rights Reserved.