ニキビや毛穴、シミやシワ対策基礎化粧品

こちらでは、ニキビやシミ、毛穴など目的に応じた基礎化粧品の選び方を紹介しています。近年では、肌の状態に対してスキンケア化粧品を変えることが日常的になっていますが、肌トラブルごとに基礎化粧品を選ばないと、状態を悪化させる場合もありますので注意して下さい。

ニキビ対策化粧品

ニキビは肌に起こる炎症性疾患で、皮脂が多く分泌される部位にできやすく、毛穴が詰まるところから症状が始まります。

ニキビの状態に応じて対策を変える必要があり、最終段階の黄ニキビになってしまうと皮膚科など専門機関の診察が必要となりますので、初期段階でしっかりとスキンケア化粧品で対策しましょう。

ニキビ対策化粧品の選び方はこちらで紹介しています。

シミ対策化粧品

シミは肌にメラニン色素が沈着した状態で、肌トラブルの1種とされていますが、正しくは紫外線などに対する肌の防御本能なのです。

シミの原因は様々で、大きさや色、発生した場所によって対策法が異なります。
一般的なシミは「老人性色素沈着」と呼ばれるものですが、10代の方にも見られる症状ですので、しっかりとスキンケア化粧品で対策しましょう。

シミ対策化粧品の選び方はこちらで紹介しています。

毛穴対策化粧品

毛穴は美肌にとっては『悪者』のようなイメージがありますが、実は肌の表面を守り、汗や皮脂と一緒に不要な老廃物を排出する大切な役割を担っています。

毛穴は生まれつきのものであり、無くなるものではありません。
また、通常は大きさが変わるものでもありませんので、毛穴が広がって見えるのには、他の肌トラブルの原因が考えられます。

毛穴対策化粧品の選び方はこちらで紹介しています。

シワ対策化粧品

シワは1度出来てしまうと、何度も癖のように同じ場所に出来てしまいます。
シワのケアには時間がかかり、また維持することも大変なので、初期段階での対策が重要となってきます。

シワの対策には、原因が何かをしっかりと知ることが大切です。
特に表情シワの場合には、繰り返される表情癖が大きな要因となってしまいますので、ライフスタイルの改善も合わせて必要になります。

シワ対策化粧品の選び方はこちらで紹介しています。

乾燥肌対策化粧品

乾燥肌は、見た目以上に痒みに多くの方が悩んでいる肌トラブルです。
基本的には、角質細胞間脂質と皮脂が減少によって、水分の蒸発抑制力が低下して誘発されますが、先天的(遺伝)な場合もあります。

特に空気が乾燥する時期は、多くの方が痒みに襲われ、肌をかくことによってより症状を悪化させたり、シワを作る原因にもなります。

乾燥肌対策化粧品の選び方はこちらで紹介しています。

敏感肌対策化粧品

敏感肌は、埃や花粉、ダニなどの外部からの刺激に過敏に反応する肌の状態であり、炎症等の肌トラブルを起こしやくなってしまいます。
原因は、角質層において水分不足や皮脂の分泌量に異常が起こり、正常な皮脂膜が作られず、肌バリア機能が低下している為と言われています。

現代社会の環境変化などによって、年々敏感肌の人は増加しており、年齢に関係なく起こりますので、日々のスキンケアで予防することが大切です。

敏感肌対策化粧品の選び方はこちらで紹介しています。

当サイト『基礎化粧品の種類や役割』を利用する時の注意点

サイト内に記載している内容は全て、当サイトが保証するものではありません。最終的なご判断は自己責任でお願いいたします。また、当サイトに記載している内容により生じた、損害やトラブル等には一切の責任は負えませんのでご了承をお願いいたします。

Copyright (C) 2011 基礎化粧品の種類と役割 All Rights Reserved.