シミの原因を解説

シミが出来ることは悪いことではありませんが、やはり美肌を維持するためにもなんかしたい方が多いのではないでしょうか。シミ取り化粧品やレーザーでしみを除去することも大切ですが、まずは自分のシミの原因をしっかり知ることが美肌作りへの第一歩です。

美肌の敵であるシミの原因

肌に出来てしまったシミは、もう消えないと思って諦めてはいませんか?
シミは薄くすることができますし、症状によりますがケア次第では無くすことも不可能ではありません。

その為にもまず大切なのは、自分の肌にどうしてシミが出来てしまったのかをしっかりと把握する事です。
原因が分からなければ、シミ対策のしようがありません。

通常は、肌のターンオーバーによってメラニン色素は剥がれて無くなりますが、過剰なメラニン色素生成や、肌のターンオーバーが正常にでなければ、メラニン色素が肌に残ってしまい、シミとなってしまいます。

まずは、自分のライフスタイルを見直して、シミの原因を突き止めましょう。

シミができる原因とは

シミの原因は非常に多く、一概にどれが原因とは言いとされていますが、一般的には下記のような原因があります。

・紫外線や炎症などの刺激を受けることでのメラノサイト細胞の活性化
・加齢やストレスによるターンオーバーの低下
・ホルモンの分泌異常による色素細胞の活性化
・喫煙や睡眠不足などによる肌への過剰ダメージ
・間違ったスキンケア方法や化粧品に含まれる防腐剤などの成分

このように様々な原因ありますが、シミの90%以上が紫外線が原因、または紫外線が絡んでいると言い切っても過言ではないと言われています。

シミのメカニズムについて

シミの原因は、肌にあるメラニン色素が沈着して起こるものです。

これは、紫外線を浴びた表皮細胞から、メラニン製造工場であるメラノサイトに向けて情報伝達物質が送られ、チロシナーゼという酵素がメラニンを生成するからです。

実はしみのメカニズムは、肌をメラニン色素で黒くすることによって、有害な紫外線を肌の内部まで侵入させないようにする自然な作用なのです。

メラニンが存在せずに、細胞の中にある核が紫外線にあたると、核の中にあるDNAが破壊されたり変異して、細胞が死滅したり皮膚癌を引き起こしたりします。

これを防ぐために、表皮の一番下にある基底層のメラノサイトはメラニン色素を生成して、それを周囲の表皮角化細胞に供給することで傘のような役割をし、真皮に紫外線が届かないようにブロックしているのです。

当サイトを利用する時の注意点について

サイト内に記載している内容は全て、当サイトが保証するものではありません。最終的なご判断は自己責任でお願いいたします。また、当サイトに記載している内容により生じた、損害やトラブル等には一切の責任は負えませんのでご了承をお願いいたします。

Copyright (C) 2011 シミ対策化粧品の選び方 All Rights Reserved.